症状を「コントロール」するとは具体的にどのようなことなのでしょうか。

ANA国内線ラウンジ誌「INOVATIVE VOICE」のインタビューでの4番目の質問です。

ぜんそくの薬を服用したり、原因抗原を避けたり、タバコを避けたり、風邪・過労・ストレスなどの増悪要因を避けたりすることでぜんそく症状がでないようにすることを、ぜんそくをコントロールするといいます。ぜんそくがでないように予防する薬をコントローラーと呼びますが、近年、有効性・安全性ともに高い薬剤が複数開発されました。その結果、大部分の患者さんは、コントローラーを毎日服用することや環境を調整することでぜんそくをコントロールすることができます。

医療法人上川路クリニック 院長 上川路信博
呼吸器内科・アレルギー科・内科
福岡市城南区茶山1-1-12